化学眼外傷とは

化学眼外傷とは、洗剤やパーマ液、髪染めの液などが誤って目に入り障害をおこすことを化学眼外傷といいます。
化学物質が目に入ると、角膜や結膜などの眼球表面に炎症がおこり、酷い時には、角膜全体が濁ってしまったり、角膜が剥がれてしまったりする場合もあります。
化学物質によって、受傷後の経過は異なりますが、時に失明に至るようなケースもあります。

化学眼外傷の症状

化学眼外傷の受傷直後は、流涙、充血など結膜や角膜といった眼球表面の組織に炎症が起こります。なかには角膜の表面が完全に剥がれてしまったり、角膜全体がスリガラス のように濁ってしまうこともあります。特に、化学物質がアルカリ性だった場合、眼球表面の障害にとどまらず、化学物質が角膜を透過して眼の内部にまで障害 を及ぼすことさえあります。

酸は、アルカリと比べ組織透過性が低いために、障害が組織表面にとどまることが、多くといわれています。
軽症の場合は治療により後遺症を残さずに回復ことがほとんどです。しかし、重症の場合、角膜混濁、緑内障、白内障、ぶどう膜炎などの合併症を生じ、視力の低下が怒ります。

化学眼外傷の治療

受傷した場合は、なるべくはやく、眼を開けたまま水道水などの流水で10分以上洗眼洗眼してから、医療機関を受診するようにします。
また受診の際には、その原因となっている薬剤に、どの程度の時間接触していたかによって、大きく治療法が左右されます。
治療法は、生理食塩水などを用いて、洗眼を始め、軽度であれば通院による治療で後遺症もなく回復ことが可能です。重症であれば入院のうえ手術を要することもあります。

関連症状

眼の外傷・視神経の病気

科学眼外傷  |  視神経症

網膜・硝子体の病気

糖尿病網膜症 | 網膜剥離 | 網膜静脈閉塞 | 中心性漿液性脈絡網膜症 | 加齢黄斑変性 | 網膜色素変性

ぶどう膜の病気

ぶどう膜炎

角膜の病気

アレルギー性結膜疾患 | ウイルス性結膜炎 | 翼状片

眼瞼や涙器の病気

麦粒腫 | 霰粒腫

その他の眼の病気

近視・遠視・乱視 | 老視 | ドライアイ | コンタクトレンズ障害 | 先天色覚異常 | 眼精疲労 | 眼瞼けいれん | 眼瞼下垂 | 甲状腺眼症 | 複視