ウイルス性結膜炎とは

結膜に炎症が起こって充血やかゆみ、涙や目やになどの症状を起こすのが「結膜炎」です。結膜炎の中ではアレルギー性結膜炎と並んで、患者さんの多い病気です。結膜が充血し、目やにが出たり、涙が自然に出て、ゴロゴロした目の痛みが出てきます。原因のウイルスには、アデノウイルス、エンテロウイルス、ヘルペスウイルスなどがあります。

ウイルス性結膜炎の種類と症状

流行性角結膜炎

昔から「はやり目」と呼ばれる、感染力が強いアデノウイルスが原因の結膜炎です。
白目が充血し、目やにが出て、目が痛くなることもありますが、かゆみはほとんどありません。感染してから約1週間で発症し、それから1週間くらいがピークで、あとは次第に良くなります。

咽頭結膜熱

夏かぜとして流行することがあり、そのためにプールを介して子供たちの間に流行することがあることから、「プール熱」と呼ばれます。
アデノウイルスの感染によって起こりますが、流行性角結膜炎とはウイルスのタイプが違います。突然39度くらいの高熱が出て、のどがはれ、目が充血したり、目やにが出るなど、結膜炎の症状が出ます。悪化すると肺炎になることもあるので、注意が必要です。感染してからの経過は、流行性角結膜炎とほぼ同じです。

急性出血性結膜炎

症状は急性で、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの感染によって起こります。目が痛くなったり、目やにが多くなり、白目に出血がみられることもあります。ひどくなると角膜(黒目の部分)に小さな傷ができることがあります。感染した翌日くらいから発症し、1週間くらいでよくなってきます。

ヘルペス性結膜炎

ウイルス結膜炎の一種なのですが、あまり他人にうつることはありません。ヘルペスウイルスが原因で、症状としては白目が充血したり、目やにが多く出たりするのに加え、目の周囲の皮膚面に、赤く小さな水胞が出ることもよくあります。角膜ヘルペスを合併することもあります。

ウイルス性結膜炎の治療

ヘルペス性結膜炎では、ヘルペスウイルスに対して効果がある軟膏を目にぬったり、抗ウイルス薬を飲んだりします。しかし、そのほかのウイルスには、いまのところ有効な薬剤は見つかっていません。炎症をおさえたり、別の細菌が二次的に感染するのを防いだりするために抗菌剤の目薬を使うこともあります。

関連症状

眼の外傷・視神経の病気

科学眼外傷  |  視神経症

網膜・硝子体の病気

糖尿病網膜症 | 網膜剥離 | 網膜静脈閉塞 | 中心性漿液性脈絡網膜症 | 加齢黄斑変性 | 網膜色素変性

ぶどう膜の病気

ぶどう膜炎

角膜の病気

アレルギー性結膜疾患 | ウイルス性結膜炎 | 翼状片

眼瞼や涙器の病気

麦粒腫 | 霰粒腫

その他の眼の病気

近視・遠視・乱視 | 老視 | ドライアイ | コンタクトレンズ障害 | 先天色覚異常 | 眼精疲労 | 眼瞼けいれん | 眼瞼下垂 | 甲状腺眼症 | 複視