ドライアイとは

ドライアイとは、眼を保護する涙が不足したり成分が変化して質が悪くなることによって、眼の表面が乾いてしまう症状の病気です。涙はまばたきによって薄い膜となり、目の表面を覆って乾燥あるいはゴミや細菌などから目を守ってくれていますが、ドライアイになると涙液が正常ではなくなるために目の表面を十分に保護できなくなり、目が乾いて傷がつきやすくなるのです。

ドライアイの症状

ドライアイの症状としては、

・目の乾き
・眼が疲れる(眼精疲労)
・眼が痛い
・目の充血
・目の痙攣
・10秒以上目が開けられない
・理由もなく涙が出る
・ドライアイの症状がひどくなると角膜や結膜に障害が起こってきます。

などがあります。
涙が足りないと、眼が乾いて傷つきやすい状態(ドライアイ)となり、ドライアイの症状が重症になると眼の表面に無数の傷がついている場合もあります。

ドライアイの原因

ドライアイの原因は様々な理由があります。
まず、目の酷使などが考えられます。パソコン・コンピュータでの作業や読書、運転、携帯メールなどで、目を長時間酷使することにより涙の分泌量が減り、まばたきの回数が減ることによって起こります。その他、乾燥やコンタクトレンズの使用などがあります。
ドライアイの人がコンタクトレンズを装用すると、悪影響が出やすくなり、また、ドライアイでない人でもコンタクトレンズを装用すると目が乾きやすくなります。

ドライアイ対策・予防法

目の休息をする

・定期的に目を休める。
・遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。
・蒸しタオルで目を暖め血行をよくする。
・目の周囲をマッサージする。
・まばたきの回数を意識的に多くする。
・睡眠不足など生活習慣の乱れにより、涙の分泌量が少なくなるため、ドライアイになることもあります。

目薬を利用する。

ドライアイの症状がひどい場合には、ドライアイ専用目薬を利用する。
但し、過度の目薬はくれぐれも習慣化しないように気をつけてください。

部屋の湿度を保つ

部屋の湿度が下がると、ドライアイになるリスクが高くなるので、加湿器などを利用して、部屋の湿度を保つようにする。

コンタクトレンズの正しい利用をする

コンタクトレンズを使用する際には、使用上の注意を守り、ドライアイの症状がひどい場合には、コンタクトレンズ専用目薬を利用してください。

関連症状

眼の外傷・視神経の病気

科学眼外傷  |  視神経症

網膜・硝子体の病気

糖尿病網膜症 | 網膜剥離 | 網膜静脈閉塞 | 中心性漿液性脈絡網膜症 | 加齢黄斑変性 | 網膜色素変性

ぶどう膜の病気

ぶどう膜炎

角膜の病気

アレルギー性結膜疾患 | ウイルス性結膜炎 | 翼状片

眼瞼や涙器の病気

麦粒腫 | 霰粒腫

その他の眼の病気

近視・遠視・乱視 | 老視 | ドライアイ | コンタクトレンズ障害 | 先天色覚異常 | 眼精疲労 | 眼瞼けいれん | 眼瞼下垂 | 甲状腺眼症 | 複視