網膜静脈閉塞(もうまくじょうみゃくへいそく)とは

網膜静脈に血栓ができて、血液の流れが悪くなる病気です。血液が血管外にあふれ出して、網膜に出血やむくみを起こします。詰まる部位によって症状がわかれていて、
根の部分が閉塞する中心静脈閉塞症(ちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)と一部が閉塞する分枝静脈閉塞症(ぶんしじょうみゃくへいそくしょう)があります。

網膜静脈閉塞の症状

網膜静脈閉塞の症状としては急激な視力低下出血やむくみ(浮腫)、突然の視野障害や変視症があります。
視力に最もかかわる網膜の黄斑に及ぶと視力が低下し、症状の発症時期がはっきりしている事も少なくありません。
変視症により物がゆがんで見えたり、曲がって見えることがあったりもしますが、全く自覚症状が出ない事もあります。

網膜静脈閉塞の治療方法

静脈閉塞症は、詰まる部位や範囲・程度、経過など人によって治療は異なり、軽症であれば経過をみているだけで自然に治ってしまうこともあります。
治療の方法はおおまかに、内服、レーザー網膜光凝固術、硝子体手術があります。

関連症状

眼の外傷・視神経の病気

科学眼外傷  |  視神経症

網膜・硝子体の病気

糖尿病網膜症 | 網膜剥離 | 網膜静脈閉塞 | 中心性漿液性脈絡網膜症 | 加齢黄斑変性 | 網膜色素変性

ぶどう膜の病気

ぶどう膜炎

角膜の病気

アレルギー性結膜疾患 | ウイルス性結膜炎 | 翼状片

眼瞼や涙器の病気

麦粒腫 | 霰粒腫

その他の眼の病気

近視・遠視・乱視 | 老視 | ドライアイ | コンタクトレンズ障害 | 先天色覚異常 | 眼精疲労 | 眼瞼けいれん | 眼瞼下垂 | 甲状腺眼症 | 複視