白内障とは

白内障とは、人間の眼のレンズに当たる部分の水晶体が年齢とともに濁ってくる病気のことで、老人性の加齢によるものが7割を占めています。
水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。

白内障とはその発症の原因によって、症状の現れ方と、進行の具合に違いがありますが、どちらの場合も、最終的には視界が白く濁ってしまいます。
初期の症状は、見えにくい、まぶしい、ぼやける、かすむなどの症状が出ます。
ある程度まで白濁が進むと、視界が白く染まってしまい、日中は物を見ることが難しくなってしまいます。
さらに近視が進む場合もあります。まぶしさを感じるようになったり、目が疲れやすくなったりもします。
当院では、日帰りの白内障手術を行っております。
お気軽にご相談、ご来院ください。

白内障の治療

いったん白内障が進行して水晶体が混濁すると薬などで元の透明性を回復することはできません。したがって、白内障が進行した場合は手術以外に視力を回復する手段はありません。

薬物療法

白内障は老化現象ともいえますので、軽度で、あまり視力に影響がない場合には、点眼薬や内服薬を用いて白内障の進行を遅らせる方法をとります。

外科的治療

白内障の症状が進み、日常生活に支障がある場合は手術を行います。白内障の手術は近年著しく進歩し、安全性が高く、患者さんの負担も少なくなってきています。
当院では今まで、1,500件以上の白内障日帰り手術をしております。日帰り白内障手術と入院白内障手術で術式に違いはありません。
手術は、局所麻酔でおこない、濁っている水晶体を透明な眼内レンズに交換します。手術中、大多数の方は、痛みはなかったと言われてます。
当院では、手術中軽度の安定剤を併用するため、白内障手術中寝ている方も多いです。