先進医療とは

最新の先進技術として厚生労働大臣から承認された医療のことを言います。 白内障手術における多焦点眼内レンズ手術は先進医療に認定されています。

多焦点眼内レンズの費用

先進医療の費用は自費負担となります。

ただし、民間の医療保険で先進医療給付に加入しているかたは、自己負担分は無料です。加入している保険会社が支払います。

通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)については保険適用

先進医療にかかる技術料は、医療の種類や病院によって異なります。

多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)

このレンズは簡単に言うと遠くと近くが見える遠近両用レンズです。
2007年に厚生労働省の承認を受け、2008年7月に先進医療として承認されました。
これにより、老眼年齢であっても、多焦点眼内レンズ挿入により、眼鏡に依存しない生活が可能となります。

単焦点眼内レンズとの違い

今まで、白内障において濁った水晶体を超音波乳化吸引装置で摘出し、その代わりに挿入する人工レンズ(眼内レンズ)は、単焦点眼内レンズでした。
このレンズは若い頃のように見たいすべての距離にピントが合うのではなく、ある1点にピントが合うレンズです。
そのため、ピントが合う距離以外を見たいときは、眼鏡が必要となります。
例えば、遠くが見えるような度数の単焦点眼内レンズを挿入した患者さんは、運転やゴルフは眼鏡なしでいいのですが、近くの字を読みたい時、スコアカードを見たい時には近用眼鏡(いわゆる老眼鏡)が必要です。
老眼になると、近くが見えないことがいかにハンディーになるか感じます。今までは、どこに行っても遠くと近くが見えたのに、近くを見るときは老眼鏡をかけないと見えなくなるのです。人によっては、眼鏡を置き忘れるので、家と仕事場で複数の眼鏡を備えている人もいます。多焦点眼内レンズにより、眼鏡に依存しない日常生活が可能となります。

見え方の違い

単焦点眼内レンズを入れた場合は図のように遠くの景色は見えますが、目の前にある携帯電話の文字は読めません。
一方、多焦点眼内レンズを入れた場合は遠くの景色も見え、かつ携帯電話の文字も読めます。このように、すべての距離が見えるわけではありませんが、遠くと近くが見えることで日常生活は非常に楽になります。

白内障の見え方と手術後の見え方

多焦点レンズの見え方と距離

多焦点眼内レンズでの見え方に脳が慣れるには、年齢や個人間の差はありますが、一般に数ヶ月程度かかるといわれています。
多焦点レンズはすべての距離が同じようにはっきり見えるわけではありません。
下の図のように1mぐらいのところが少し見にくくなります。

その他、薄暗い場所や夜にライト等を見るとまぶしさなども増えることがあります。
また場合によっては、眼鏡が必要になることもあります。
多焦点眼内レンズによる白内障手術費用は自費です。詳細は来院してお尋ね下さい。