白内障日帰り手術

白内障手術は、6,000件以上経験があります。
当院での日帰り白内障手術はこのうち約2,000件経験しております。

日帰り白内障手術と入院白内障手術で術式に違いはありません。
全身的に入院の必要がなく(例えば心臓がとても悪い・足が悪くて通院できない)、通院可能な方は、白内障手術は日帰り手術で十分と考えます。

手術は、局所麻酔でおこない、濁っている水晶体を透明な眼内レンズに換えるものです。手術中、大多数の方は、痛みはなかったと言われてます。川口あおぞら眼科では、手術中軽度の安定剤を併用するため、白内障手術中寝ている方も多いです。

そして、白内障手術後の見え方は、最新器機(IOLマスター)を用いて、生活スタイルにあわせた見え方にします。
例えば、近眼の方も白内障手術後、眼鏡なしで遠くがよく見える(正視)見え方も選択できます。しかし、この場合近くは見づらくなります。

詳しい説明は院長までお気軽にご相談ください。

白内障の手術時期

白内障の明確な手術時期はありません。
見にくいと感じたときが白内障の手術時期です。
車を運転する人は、矯正視力*0.7以上が必要です。
このため矯正視力が0.6以下の場合は免許の更新ができないため、白内障手術の適応となります。
しかし、0.2でも日常生活に支障がなければ白内障手術の必要性はありません。
また、矯正視力1.0以上でも、夜間対向車のヘッドライトがまぶしかったり、天気のいい昼間見にまぶしくて、日常生活で困っている場合は白内障手術適応となる場合もあります。
手術をしなれば症状はゆっくり悪化してゆきますが、手術をすればまた元のように見えるようになります。つまり、白内障では失明しないためこの様なのんびりしたことを言っています。

*矯正視力とは眼鏡(めがね・コンタクトレンズ)をして測った視力のこと

日帰り手術後の生活

手術後翌日の診察までは眼帯をして下さい。翌日以後眼帯の必要性はありません。

お風呂 当日は中止です。翌日よりシャワー、翌々日より可です。
洗顔 手術3日後より目を閉じて行って下さい。
アルコール 原則3週間禁止です。
通院通院予定 術後3日まで毎日、1週間後、2週間後、3週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後となります。
仕事 状態が良ければ、事務仕事は、翌日より可能です。
現場のようなほこりのあるところでの作業は術後1週間後から可です。
眼鏡 視力が安定する2ヶ月後に、必要な場合作成します。
術後1週間での作製も可能ですが2ヶ月後に再作製の可能性があります。
車の運転 状態がよければ、術後すぐからできます。
スポーツ おおよその目安です。
ゴルフ・ジョギング 2週後・水泳 4週

白内障手術後の見え方と生活

白内障手術後の見え方はご本人の希望にそえます。大まかな例を以下2種類示します。

1.メガネなしで遠くが見える(裸眼1.0以上)。

新聞の小見出し・値段表などは、メガネなしで見えます。
この場合、手元(本を読む時)を見るのはメガネが必要です。

2.手元(本を読む時)をメガネなしで読む。

この場合、普段ものを見るのにメガネが必要になります。

3. 1と2の中間に合わせることもできます。

この場合遠く用・近く用の2種類のメガネが必要になることもあります。
近く・遠くが全く見えないわけではありません。
だいたい見えますが、すごくはっきりしないだけで、日常生活で問題ない人は、メガネを作らない場合もあります。

極端な例:牛乳瓶の底のような厚いメガネが必要な人でも手術後メガネなしで1.0以上見るも可能です。

以上のようにいろいろの見え方の沿うことができますが、私は

若いときから遠くが見えた方は、1を勧めます。
手元の細かい作業が必要な方は、2を勧めます。
近眼が強くメガネをかけていた方は、近眼を軽くする1と2の中間を勧めます。