霰粒腫・麦粒腫(ものもらい)

俗称『ものもらい』と呼ばれるものです。
瞼がはれたり、瞬きする時違和感があったり、痛んだりします。
一般に感染(人からうつされる)すると言われますが、感染しません。
瞼の細菌感染で他人からうつったりしません。
治療は、点眼(目薬)・飲み薬・塗り薬で行います。症状が激しい場合、切開する場合もあります。切開処置を行えば1週間で治ります。
当院で切開処置は、原則月曜日を除き常時行っております。
理由は、火曜日が休診のためで、月曜日には積極的には行っておりません。

麦粒腫

麦粒腫は細菌に感染することで起きる急性の化膿性炎症です。
まぶたの一部が赤くはれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は俗に「ものもらい」といわれる目の病気のひとつです。まぶたに硬いしこりができる霰粒腫(さんりゅうしゅ)も、ものもらいと呼ばれることがありますが、これは別の病気として区別されています。

霰粒腫

霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは、まぶたの裏に近いところにあるマイボーム腺に慢性的にできる腫瘤です。
症状はまぶたに痛みのない腫瘤が出現し、痛みや異物感、目やになどはありません。
目の表面は涙の膜で覆われているが、この涙がすぐに乾燥してしまわないようにその上層には油の膜があります。
この油を出す腺は瞼の内側、ちょうど目と接する部分にあり、霰粒腫とはこの部分に炎症がおきて肉芽腫と呼ばれる肉のかたまりができる病気です。
瞼が腫れるのですが、徐々に大きくなる場合と急激に大きくなる場合があります。