霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは

麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症で、麦粒腫(ものもらい)とよく混同されますが、別の病気です。
脂の固まりのようなものが、まぶたの組織の中にできた状態で、細菌感染を伴わない慢性の無菌性炎症です。眼を閉じて瞼を指でそっとなでると、そのかたまりが指に触れます。

霰粒腫の原因

瞼のなかには、眼の表面に油を出し眼の表面をいつも潤いのある状態にするこのマイボーム腺分というものがあります。この泌物の排泄がうまくいかず、まぶたの内で袋状のカプセルの中にたまっていくことにより内部からまわりの組織を押し出し炎症がおこります。
疲れがたまると目をこすることが多いためかできやすくなります。

霰粒腫の症状

一般的には痛みや異物感、目やに等は無く眼を閉じて瞼を指でそっとなでると、そのかたまりが指に触れます。
炎症を伴った場合には麦粒腫と似た症状が出ることがあります。
腫れている部分は痛くはなく、瞼の裏側でも腫れている部分(肉のかたまり)を感じるために目を動かすとごろごろした感じがする。

霰粒腫の治療

治療は、点眼(目薬)、飲み薬、塗り薬で行います。症状が激しい場合、切開する場合もあります。切開処置を行えば約1週間で治ります。

切開手術は、原則月曜日を除き常時行っております。
火曜日が休診のため、月曜日には積極的には行っておりません。ご了承ください。

関連症状

眼の外傷・視神経の病気

科学眼外傷  |  視神経症

網膜・硝子体の病気

糖尿病網膜症 | 網膜剥離 | 網膜静脈閉塞 | 中心性漿液性脈絡網膜症 | 加齢黄斑変性 | 網膜色素変性

ぶどう膜の病気

ぶどう膜炎

角膜の病気

アレルギー性結膜疾患 | ウイルス性結膜炎 | 翼状片

眼瞼や涙器の病気

麦粒腫 | 霰粒腫

その他の眼の病気

近視・遠視・乱視 | 老視 | ドライアイ | コンタクトレンズ障害 | 先天色覚異常 | 眼精疲労 | 眼瞼けいれん | 眼瞼下垂 | 甲状腺眼症 | 複視